《菊花賞》 レポート コスモオオゾラ・フェデラルホール・ゴールドシップ - 競馬ニュース.com

  

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《菊花賞》 レポート コスモオオゾラ・フェデラルホール・ゴールドシップ

今週は京都競馬場で菊花賞が行われますね。

昨年はオルフェーブルが見事3冠を達成しました。


今年は、
皐月賞馬  ゴーロドシップ 
ダービー馬 ディープブリランテ の対決が見物になりそうですね!


今日は 
コスモオオゾラ・フェデラルホール・ゴールドシップのレポートです

Ranking

<以下引用>

◎コスモオオゾラ


21日(日)に京都競馬場で行われる第73回菊花賞(GI・芝3000m)に出走するコスモオオゾラ(牡3、美浦・高橋義博厩舎)について、追い切り後の関係者の共同会見でのコメントは以下の通り。
 ダービー以来の実戦となるコスモオオゾラは朝9時頃、柴田大知騎手を背に坂路へ。4ハロンから51秒1-36秒9-24秒0、ラスト1ハロンも11秒8に纏めた。

●コスモオオゾラについて高橋義博調教師
「最終追い切りはもうそんなに(強く)することもないだろう、と思って時計の指示を出したのですが、結果的には1秒くらい速くなりました。思い通りの仕上がりになってきましたね。

 (トライアルを)ひと叩きできなかったのですが、戻って来た状態から描いていた青写真通りにできたので、仕上がりに関しては、間に合ったというつもりでいます。

 3000mに関してはみんな初めて、同じ条件ですから、やってみなくては分からないないところですし、長距離を虎視眈々と狙っていた馬も新たに出て来ましたから。自分としては、順調に、願っていた舞台に立てるというところですね。

 レースに関しては、柴田大知騎手がこの馬を知り尽くしていますから、今さら作戦がどうこうということはありません。この馬の能力を信じて出してください、ということだけです。

 自分にとっても牡馬のクラシックに初めて参戦して、三冠全てに参加させてくれた馬ですからね。春には、秋が一番(良くなる)と思っていたのが、ダービーの後に骨折というアクシデントがあって、理想のステップではないですが、その中で頑張ってくれてここまで来ることができたので、馬にはどうもありがとう、という思いです。

 応援してくださる声も聞いていますし、我々もできるベストを尽くしました。馬も自分の力を出してくれると思います。京都で頑張りますので、応援をよろしくお願いします」


●コスモオオゾラについて柴田大知騎手
「(最終追い切りは)自分の感覚よりも時計が出ていたので、それは先週と比べて軽くなっている証拠だと思うので、状態はとても良いと思います。夏を越して、少し背が高くなったような感じで、ストライドが伸びているので、そのあたりもいいと思いますね。

 怪我を克服してここまで来てくれましたし、しっかり乗り込めましたから、あとは馬を信じて頑張るだけですね。切れる脚はなくても、渋太い脚を使える馬なので、ある程度いい位置で競馬をしたいと思っていますが、実際のレースに関してはゲートを出てから、そのとき考えたいと思います。

 毎回馬との折り合いも問題ないですし、最後まで一生懸命走ってくれるので、僕はそれを信じて乗るだけです。怪我をしてしまった中でよくここまで克服してくれて、間に合ってくれたので、何とか関係者の方々の気持ちや、馬の気持ちを考えて、しっかり結果を出せるように頑張りたいと思います」

〔PR〕枠連ターゲット


◎フェデラルホール

フェデラルホールは6時の開門から程なくしてウッドコースに登場。1頭前に行かせた馬を追いかけ、直線で内からかわすという内容の追い切りだった。

●フェデラルホールについて中川公成調教師
「最終追い切りは予定通り、誘導馬を前に走らせて、4~5馬身後ろから追いかけて並んで抜け出すという内容でした。ゴールを過ぎてからも少し流して、というのも予定通りでした。
 いつも通り、いい動きだったと思います。先週やった時点で気持ち余裕があったので、今日は終いに少し気を入れる感じでやったので、丁度良かったと思います。

 前走後は走った後の疲れが気持ち出たので、1週間くらいは疲れを抜くことを主にしてきました。週末くらいからは元気になっていつも通りの調整ができたので、予定通りでした。

 競馬が上手な馬で、フットワークも大きくて、変に力んで走るところもないので、距離が伸びるのはその点でアドバンテージだと思います。春先は体つきを見ても、気性も子供子供していたんですが、使って(ノーザンファーム)天栄へ出して戻ってくるたびに芯が入って、徐々に大人になってきましたね。まだ完成はしていないのですが、徐々に、この馬なりに大人になってきている感じです。

 順調に来ているのが何よりなので、無事に競馬をしてくれればと思っています。現時点では力を出せる状況なので、ぜひ応援をよろしくお願いします」


●フェデラルホールについて吉田隼人騎手
「今週の追い切りは、先週よりも動きが良かったですね。少し仕掛けてからの反応も良かったですし、いい状態でレースに臨めると思います。

 前回乗ったときはその前(未勝利を勝った時)に乗った時と比べて体がしっかりしていて、幅も出ていました。元々乗りやすい馬だったのですが、何の心配もありませんでした。3000mでも折り合いは心配ないですから、馬もこなしてくれると思います。

 レースに関しては、いい枠を引きたいですね。そこから考えたいと思います。(具体的にどの辺りの枠を引きたいですか?の問いに)やはりみんな内枠が欲しいと思うので、外すぎなければいいですね。

 未勝利を勝ったときから、大きなレースに出られる馬だと思っていましたし、調教でも調子の良さを感じていましたから、それをレースにぶつけられればいいですね。馬に関しては心配ないですから、僕自身が悔いなく乗れればと思います」

〔PR〕枠連ターゲット


◎ゴールドシップ

先週の秋華賞ではヴィルシーナに騎乗し、惜しくもハナ差で2着に終わった内田博幸騎手。今週は皐月賞馬ゴールドシップとのコンビで牡馬三冠の最終戦に挑む。その内田博幸騎手が、今朝美浦トレセンで共同会見に応じてくれた。

●ゴールドシップについて内田博幸騎手
「神戸新聞杯は、内容的にも強かったと思います。結果的に後ろからにはなりましたが、徐々に上がっていって力で捻じ伏せるような形のレースができたので、あのレースができれば、本番でも自信を持っていけると思います。

 状態に関しては、さらに良くなっているということを聞いていますし、よりパワーアップしていると思います。

(レース運びのイメージはありますか、の問いに)そこは3000mがどうこうではなくて、ゴール板を一番で駆け抜けることを考えて。あとはレースの流れにうまく乗せて運んでいけば、十分やれると思います。

 ダービー馬はやはり強いですし、上がり馬もいますし、力を付けてきている馬もたくさんいますから。油断せず、ゴールドシップの力を出し切れば、十分すぎるほどのパフォーマンスを見せられると思うので、僕が信頼して導いてあげられれば、大丈夫だと思います。

 いい意味でリフレッシュして、一度叩かれて2戦目、十分力を発揮できる状態にあるので、凄いレースが出来るんじゃないかと思います。テレビででも、京都に来て頂いてでも、ぜひ競馬を見て頂けたらと思います」


</引用>(ラジオNIKKEI)

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。